更年期の睡眠不足

50代になり睡眠のリズムが不規則になってきました。更年期が近いのも原因なのでしょうか、睡眠が浅くてたっぷりと寝た感じがなくなってきました。そのせいで、お肌が乾燥したりしわが増えてきたのです。私はもともと脂性の肌で乾燥などのトラブルは経験がありませんでした。ですが睡眠が浅くなってきてリズムが崩れてきたとたん、お肌のトラブルが増えましたね。大人ニキビもでるようになってきましたし、化粧品も今までのが合わなくなってきてすべて変えるほど肌質が変わってきました。あまりにも睡眠が浅くなって眠れない日も増えてきたので、今は精神科に通って睡眠薬を処方してもらっています。自律神経の乱れもありとにかく精神安定剤と睡眠薬でぐっすりと眠ることを心掛けています。おかげでお肌の調子もよく仕事もばりばりこなせるようになってきました。もっと睡眠の質をあげる ため寝具にこだわったりしています。枕はオーダーで作ってもらい自分の頭の高さや首の角度などをはかっていただき自分だけのオリジナルの枕をして寝ています。おかげで肩こりもなくなり熟睡できるようになりました。自分にあった枕のおかげで首のしわもできにくくなり、ほうれい線も薄くなったのですよ。

不登校体験

中学生の頃、2年生の最後数ヶ月間、学校に行けていませんでした。

原因は、過敏性腸症候群という病気です。

過敏性腸症候群は、これといった病原体がなく発症する、腹痛や下痢などの消化器系の症状です。原因はストレスなどが主とされています。

当時、部活動での人間関係にものすごく悩んでいた私は、慢性的な胃痛、腹痛と下痢が原因で学校へ行けなく なりました。

中学生という多感な時期だったので、学校でお腹を壊すということが本当につらかったです。

きっと重い病気に違いないと思い、あらゆる病院を訪ね、病状を説明しても、ストレス性だと言われます。

その度に、たかだかストレスでこんなにお腹の調子が悪くなるはずがない、本当はもっと重い病気のはずだと思い込み、気持ちも塞ぎ込むことが増え、余計に学校に行けなくなってしまいました。

しかし、そうして引き篭もっているときに、母の友人が良い先生を紹介してくれました。

地元の胃腸科の名医とのことで、藁にもすがる思いで訪ねました。

結果、告げられたのが「過敏性腸症候群」です。

ストレスが原因であることが多い、ということは今までに行った病院と同じ説明でしたが、病名が付いたこと、この病気について丁寧に説明をしてもらえたこと、適切な薬を処方されたことにより、随分気持ちが楽になり症状も徐々に回復しました。

3年生になる頃には学校にも復帰できたので、あの先生には感謝してもしきれません

ネットのウィッグは安くて手軽!

私がウィッグを購入しようと思ったきっかけは、美容院で髪を思いの他カットし過ぎてしまったことでした。私の友達の周りでその頃、ショートカットが流行っており、ロングだった私もショートに挑戦してみたものの、想像以上にベリーショートになってしまい、髪が伸びるまでは隠したいと思ったからです。
とはいえ、エクステなどは手間や値段の割にはシャンプーをした時に比較的取れやすいと聞いていましたし、ウィッグの方が頭からすっぽりと被れて便利そうだと感じました。
しかし、私は大学生でお金もそんなに持っていなかったので、人口毛などを使用したリアルなウィッグはとてもじゃありませんが購入できるだけの余裕はありませんでした。そこで、楽天などのインターネットのショッピングサイトでウィッグを検索したところ、思いの他、様々なヘアスタイルのウィッグが揃っていました。おまけに値段も1万円以下のものが多く、種類によっては1000円代のものまであり大変リーズナブルです。病気をされて仕方なく髪の毛が薄くなった方用の医療用ウィッグ安いのもありました。
私が購入したものはミディアム程度の長さのボブスタイルのものでしたが、被ってみるとぱっと見はウィッグと気づかないくらいに毛髪の質感もリアルで、髪の色も自分に合ったものが選べたので、被ってみても大変自然でした。しかも自分の頭に合わせてゴムで調節できるため風でウィッグが飛んでいく心配もありません。気軽にイメチェンしたい方などにも大変オススメです